田宮・グラスホッパー

実はラジコン史上初の中古車。それも価格は500円。ワンコインである。ただ、状態も値段相応で、ボディー無し(仮にあったところで、スチロール樹脂製のため割れまくっていることでしょうが)、タイヤはほぼスリックのうえひび割れまくり(経年劣化?)、モーター無し、ピニオンギヤ無し、その他サーボホーンやスピコン関係一切無しである。かなり部品を剥ぎ取られた後の解体車といった感じ。確かに500円は順当な価格です(もともとのキット定価も7000円くらいやったし)。

これとは別に、双葉アタック2chも中古にて2000円位でゲットしました。当時のやつは、サーボのコネクターからピン(端子)が露出していました(差し込みに注意が必要です。すごく曲がりやすいんで)。あと、現在久しぶりに取り出してみると、受信機もサーボもやたらとでかい!(特にサーボの高さが高い)です。その代わり非常に頑丈な構造で、今でもちゃんと動作しています。

最初の目標はとにかく動かすこと。見た目よりもまず実用。というわけで、これまでのラジコンライフで発生した他車からのがらくた部品を流用。スピコン、サーボホーンなんかは汎用性があるが、ピニオンギヤだけは困りました。ピッチが合うものがまったく無いのです。仕方が無いので新品スペアパーツを調達。輸送費(つまりは交通費)などを考えると、既に車体価格をオーバーしとります。ところで調達したピニオンギア、今までみたことのないような大きなやつでした。バックラッシュ調整はすごくごまかしが効くようなそんな印象を受けました。さすがは入門用モデルですね。

先ほども言いましたが、さすが入門用というだけのことはあり、構造はいたってシンプル。ギヤもかなりピッチが大きく頑丈で、安心して走らせられた。ついでに大きな金を出すという過程を経ていないので、かなり無茶な扱いをしていた。溝を飛び越えるとか、巨大なジャンプ台を構成し、地上1.5メートルくらいまで飛ばすとか。空き缶などを積み上げ、それに突入させ跳ね飛ばすなど。ラジコン道からかなり外れた遊び方である。だが、ラジコン同士で相撲を取ったり、プロレスするわけではないので、まあいいや。

車体が非常に軽かった(逆にいえば金属パーツが少なかった)ので、実に軽快に走っていました。軽いことはいい事で、ぶつけてもそれほどの衝突エネルギーは発生しません。ついでに燃費(バッテリーのもち)も良好でした。ただ、樹脂パーツの塊のため、タッピングビスが多く用いられていました。こいつは締めすぎると簡単にねじ山が破壊していました。修正にエポキシ系の接着剤を使っていましたが、今度はネジが抜けなくなる運命に・・・。

最終的には転売?してしまいました。シンプル構造がゆえ、壊れにくく売れる状態にあったというのが主な理由です。転売の際、ランドクルーザのタイヤを付けていたため、オリジナルのタイヤだけは今でも残っている。

 ラジコンに戻る